原状回復費用

DIY

【裏ワザ】クロスが破れてしまった時に超簡単に目立たなくする補修方法

賃貸に住んでいてうっかり壁紙(クロス)を破ってしまった。なんて経験はありませんか?クロスを破いてしまうと、入居期間等にもよりますが基本的には賃借人(借りてる人)が退去時に補修費(原状回復費用)を支払わなくてはなりません。それが例えば壁に大きな穴があいてしまって、下地のボードごと貼りかえないといけないなんて場合は諦めがつくかもしれませんが、ほんのちょっとした傷や破れで何千円も何万円も払わないといけないとなると、管理会社の僕がいうのもなんですがなんだかちょっともったいないというかアホらしいですよね。今回はそんなもったいないをなんとかしたいあなたの為に、クロスを簡単に補修する裏ワザを伝授しますので参考にしてみてください。

原状回復費用

【賃貸用語】「現状回復」は間違い!?正しくは「原状回復」

賃貸を退去する際に傷めてしまった箇所があれば請求される、
”げんじょう回復費用”ですが、げんじょうを漢字に変換すると
「原状」「現状」といった漢字が出てきて、いかにも両方それらしい漢字な為に、
どっちだったけなーと悩んだり、違う方の漢字で覚えてしまっている方も多いと思います。
実は私もこの業界に入りたてのいわゆる新人だった頃は、
間違った漢字で覚えていました。
今回はそんな間違いやすい賃貸用語「げんじょう回復」の漢字について書いていきたいと思います。

原状回復費用

【必読】賃貸マンションの退去費用はいくらかかる?負担額の相場は?

早速ですが、皆さんは賃貸物件を退去する際にトラブルに遭遇したことはありませんか?通常、物件を退去する際にはオーナーや管理会社などと退去立ち合いを行いますが、中には不当に高額な請求をされたり、敷金が返還されなかったり、請求の内訳が不透明だったりとトラブルに発展するケースが多々あります。今回はそんなトラブルに発展しやすい、賃貸の退去費用について詳しく解説したいと思います。