民法改正

【民法改正】賃借物の一部滅失による賃料減額割合をわかりやすく解説(第611条)

ご存じの方も多いかと思いますが、
2020年4月から民法が約120年ぶりに大改正します!
その大改正ですがおおよそ200もの項目が改正されるそうで、賃貸の契約においても今回の民法改正は大きな影響を及ぼします。今回はその中でも特に重要な改正部分!民法第611条「賃借物の一部滅失等による賃料の減額・解除」について解説していきたいと思います。

お役立ち情報

分譲賃貸メリット・デメリットとは?賃貸管理のプロが解説

賃貸でお部屋探しをする際に、インターネットのポータルサイトで物件を調べていると、「分譲賃貸」と物件の見出しタイトルや備考欄などに書かれているのを目にしたことはないでしょうか。分譲賃貸って聞くと、分譲なの?賃貸なの?と思われる方や、全然意味がわからない方も多いのではないかと思います。今回はそんな分譲賃貸について書いていきたいと思います。

入居のトラブル

賃貸アパートやマンションの敷地内で無断駐車された時の対処法

駐車場に関するトラブルはとても多く、僕ら管理会社からすると日常茶飯事です。たまたま間違えて別の区画にとめてしまったなんてように1回きりの間違いでしたら可愛いものですが、とめてはいけないとわかっていながらにとめる悪質なケースだと本当に腹ただしいものですし、何といってもとめたい時にとめれないのは困りますよね。今回はそんな賃貸アパートやマンションの敷地内における無断駐車に関して書いていきたいと思います。

お役立ち情報

【賃貸】契約時の必要書類完全マニュアル 他に用意しておくものまで

アパートやマンションを借りる際、入居審査に合格したら
今度はいよいよ契約です。契約と言っても何をするのかイメージできない方も多いと思いますが、
簡単にまとめると賃貸借契約書の記名・押印、契約金の納入、必要書類の提出等を済ませ、契約開始日が到来したら鍵の引き渡しを受けます。今回はその中で、契約時に必要な必要書類についてまとめました。

お役立ち情報

賃貸管理会社が明かす契約で顔写真が必要な理由は大きく分けて3つ

賃貸で借りるお部屋が決まったら、入居審査を経た後にオーナーと賃貸借契約を結ぶことになりますが、契約の際には契約書とは別に必要書類の提出を求められることが殆どです。その中で入居者の顔写真の提出を求められることがありますが今回はその理由についてまとめました。
 

DIY

【裏ワザ】クロスが破れてしまった時に超簡単に目立たなくする補修方法

賃貸に住んでいてうっかり壁紙(クロス)を破ってしまった。なんて経験はありませんか?クロスを破いてしまうと、入居期間等にもよりますが基本的には賃借人(借りてる人)が退去時に補修費(原状回復費用)を支払わなくてはなりません。それが例えば壁に大きな穴があいてしまって、下地のボードごと貼りかえないといけないなんて場合は諦めがつくかもしれませんが、ほんのちょっとした傷や破れで何千円も何万円も払わないといけないとなると、管理会社の僕がいうのもなんですがなんだかちょっともったいないというかアホらしいですよね。今回はそんなもったいないをなんとかしたいあなたの為に、クロスを簡単に補修する裏ワザを伝授しますので参考にしてみてください。

お役立ち情報

賃貸で勝手に窓ガラスが割れた!?原因はほぼ熱割れです。誰の費用負担?

家に帰るといきなりガラスが割れていた時あなたならどうしますか?我々賃貸管理の仕事をしているとクレームの一種として、「ガラスが割れたので修理をして欲しい」といった相談の連絡が入ります。「熱割れ」という現象によって窓ガラスにヒビが入ることがあります。今回はそんな熱割れについて、その発生原因や対策、誰が修理費用を負担するのか、などについて書いていきますので、お困りの方は是非お役立ていただければと思います。

お役立ち情報

賃貸物件でトラブル発生!?相談窓口まとめてみた【連絡先一覧】

賃貸物件におけるトラブルの内容は多岐に渡りますが、その中で入居者自身で解決を試みるも解決できないような内容であったり、相談窓口があることを知らないが故にトラブルがいつまで経っても解決しないままになっていたりしているケースが散見されます。今回はそんなトラブルの解決を図るべく、トラブル発生時における各相談窓口に関して記事にしましたので、参考にしてみてください。
 

原状回復費用

【賃貸用語】「現状回復」は間違い!?正しくは「原状回復」

賃貸を退去する際に傷めてしまった箇所があれば請求される、
”げんじょう回復費用”ですが、げんじょうを漢字に変換すると
「原状」「現状」といった漢字が出てきて、いかにも両方それらしい漢字な為に、
どっちだったけなーと悩んだり、違う方の漢字で覚えてしまっている方も多いと思います。
実は私もこの業界に入りたてのいわゆる新人だった頃は、
間違った漢字で覚えていました。
今回はそんな間違いやすい賃貸用語「げんじょう回復」の漢字について書いていきたいと思います。