必要書類

契約書類

住民票と現住所が違う場合に賃貸の契約はできる?どっちの住所を書けばよい?

通常、賃貸の契約をする際は住民票を提出しなければなりません。そんな時に住民票の住所と現住所が違う場合には、そもそも契約できるのか、住民票の異動をしていないことを正直に言った方がいいのか、物件を申し込む際にどちらの住所で書いたらいいのかなどが問題になってきます。
今回の記事では住民票を異動していない方が賃貸の契約をする際に問題になることについて解説していきたいと思います。

お役立ち情報

【賃貸】契約時の必要書類完全マニュアル 他に用意しておくものまで

アパートやマンションを借りる際、入居審査に合格したら
今度はいよいよ契約です。契約と言っても何をするのかイメージできない方も多いと思いますが、
簡単にまとめると賃貸借契約書の記名・押印、契約金の納入、必要書類の提出等を済ませ、契約開始日が到来したら鍵の引き渡しを受けます。今回はその中で、契約時に必要な必要書類についてまとめました。

お役立ち情報

賃貸管理会社が明かす契約で顔写真が必要な理由は大きく分けて3つ

賃貸で借りるお部屋が決まったら、入居審査を経た後にオーナーと賃貸借契約を結ぶことになりますが、契約の際には契約書とは別に必要書類の提出を求められることが殆どです。その中で入居者の顔写真の提出を求められることがありますが今回はその理由についてまとめました。