【2019】賃貸でこの設備が無ければ入居が決まらない TOP10(単身者向け)

どうもこんにちは!

大阪の賃貸管理会社に勤務している

みやへい(@miyahei2019)です。

皆さんは賃貸住宅を借りるとしたら、

絶対に外せないこだわりの設備はありますか?

賃貸住宅は年々増え続けており、人口減少とともに空き家が増えていく中で、

なんとか近隣の競合物件と差別化をはかって、入居者を獲得する為に、

設備はどんどん進化してきました。

今回はそんな賃貸の設備に関して、

全国賃貸住宅新聞が毎年発表している、

『この設備が無ければ入居が決まらない TOP10(単身者向け)』

ランキングを紹介したいと思います。

賃貸オーナーや、管理会社、賃貸の入居者は参考になると思いますのでぜひご覧ください。

賃貸で『この設備が無ければ入居が決まらないTOP10(単身向け)』

以下が2019年に発表された

『この設備が無ければ入居が決まらないTOP10(単身向け)』です。

1位から8位までは前年とあまり変わらない顔ぶれですが、

9位の2件はランク外から飛び込んできました。

それでは順番に見ていきましょう。

【第1位】 室内洗濯機置き場

堂々の第1位は

『室内洗濯機置き場!!』

ここ最近では室内に洗濯機置き場があることは当たり前になってきていますが、

築年数の古い物件だと、ベランダに洗濯機を置くタイプだったり、そもそも洗濯機を置けるスペースが無いなんて場合もあります。

ベランダで洗濯をまわすのは結構面倒くさいもので、冬場だとなおさらです。

コインランドリーを毎日使うとなれば、手間も費用もかかります。

最低限押さえておきたい設備として納得の1位です。

【第2位】 TVモニター付きインターホン

続いて第2位は、

『TVモニター付きインターホン』

わたし個人的にもこれは押さえておきたい設備です。

不審者っぽい人やあやしい勧誘がきても、インターホンのモニター越しで相手が確認できるので、状況によっては居留守なども使えちゃいます。

【第3位】インターネット無料

特にワンルームマンションだと、最近は付いていて当たり前?

『インターネット無料』がランクイン!!

インターネットを普通に契約すると、

月額2,000円~5,000円ぐらいは大体かかってくるので、

インターネットが無料だと、とてもうれしいですね。

【第4位】独立洗面台

女性に特に人気の『独立洗面化粧台』

4位にランクインしました。

ワンルームなどの単身向けマンションでは、2000年代ぐらいから独立した洗面台が普及し始めました。

少し前は洗面台はお風呂の中にあるのが当たり前でしたが、

洗面台が独立していることで、朝の歯磨きや洗顔をわざわざお風呂に行かないでもできちゃいます。

あと特に女性はお化粧をするのに洗面化粧台があると便利ですね。

【第5位】洗浄機能付き便座

第5位は『洗浄機能付き便座』です。

いわゆる「ウォシュレット」というやつですね。

男性は特に「ウォシュレットがないと無理!」という方が多いようです。

洗浄機能が付いているということは便座が温かくなる機能も備わっていることがほとんどです。

【第6位】備え付け照明

続いて6位は

『備え付け照明』です。

ワンルームとかだと洋室に照明が付いている場合が多いので、

やはり無いよりはあった方が好印象でしょう。

【第7位】エントランスのオートロック

7位はランキング常連の

『エントランスのオートロック』です。

やはりオートロックがないと不安だ、という女性の方は多いはず。

訪問販売なんかもエントランスのインターホン越しだと断りやすいので、

営業にこられるのが苦手な方でも安心です。

オートロックとは集合住宅のエントランス扉を開ける為に鍵や暗証番号を用いたり、居住者などに内側(室内)から鍵を開錠してもらう必要があるものの

【第8位】宅配ボックス

第8位は『宅配ボックス』がランクインしました。

不在時に荷物の受け取りができる為、インターネットでよくお買い物をする方にはかなり便利な設備です。

【第9位】BS・CSアンテナ

第9位は、昨年圏外から急上昇、

『BS・CSアンテナ』

BS・CSアンテナがついていると、BS放送、CS放送を楽しむことができます。

今では契約すれば、フレッツの光回線でもBS・CS放送が見れちゃいます。

【第9位(同率)】暖房便座

BS・CSアンテナと同率になりました第9位は、

『暖房便座』です。

お尻が温かくなる、いわゆる「ウォームレット」というやつです。

正直言って、最近のウォシュレットならほとんどは暖房便座機能が備わっています。

自分で付けるならウォームレットは簡単に取り付け可能なのでおすすめです。

まとめ

今回は『賃貸でこの設備が無ければ入居が決まらない TOP10(単身者向け)』

2019年バージョンを記事にしましたがいかがだったでしょうか。

エリアにもよりますが、年々建物が増えて、

賃貸業界は選択肢の多い時代に突入しました。

物件の供給が少ない時代は、欲しい設備が付いている物件を借りようと思うと予算を上げなければならないことがほとんどでしたが、今は予算内で欲しい設備が付いている物件を選べるようになってきました。

そんな時代だからこそ、競合物件に負けないようにこのランキングを参考にして、

人気の設備を取り入れてみてはいかがでしょうか。

それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA