【2019】賃貸で人気の設備ランキングTOP10(単身者向け)

どうもこんにちは!

大阪の賃貸管理会社に勤務している

みやへい(@miyahei2019)です。

お部屋探しで物件を決める上でかなり重要なウエイトを占める設備。

賃貸アパートやマンションでは、年々その時代のニーズに合った設備が導入されており便利なものが増えています。

全国賃貸住宅新聞では毎年、以下の2つの名目にわけて、

賃貸入居者に人気の設備ランキングを発表しています。

賃貸入居者に人気の設備ランキング
  • この設備があれば周辺相場より家賃が高く決まる TOP10
  • この設備が無ければ入居が決まらない TOP10

今回はその中で「 この設備があれば周辺相場より家賃が高く決まる TOP10 (単身者向け)」を、

1位から順番に紹介したいと思います。

オーナーさんや不動産関係者の方も是非参考にしてくださいね。

賃貸設備ランキング2019「この設備があれば周辺相場より家賃が高く決まる TOP10」 (単身者向け)

以下が2019年に発表された人気の設備ランキング

「この設備があれば周辺相場より家賃が高く決まる TOP10の単身者向けバージョンです。

ランキング常連のものが多い中、本年はランク外から3件もランクインしています。

順位ごとに見ていきましょう。

【第1位】インターネット無料

安定の1番人気「インターネット無料」はなんと、

4年連続1位です!!

今の時代、楽天市場Amazonでお買い物、Youtubeで動画を見たりするなど、

生活する上でインターネット環境が不可欠になりました。

そんな時代だからこそインターネット設備が無料でついてくると、賃貸入居者にとっては最高にうれしいですよね。

Uさん

毎月のインターネット代が抑えれる分、もう少し高めの家賃の物件も検討しようかな。

普通に契約すると月々2,000円から5,000円ほどの通信料がかかることを考えると、 上記のUさんみたいに予算を上げる方も出てきます。

まさに費用対効果抜群の設備です。

【第2位】エントランスのオートロック

前回3位からワンランクアップ!

栄えある第2位は「エントランスのオートロック」です。

いまや世帯数の多いマンションでは当たり前についている設備ですが、やはりあった方が安心ですよね。

訪問販売なんかもエントランスのインターホン越しだと断りやすいので、営業にこられるのが苦手な方でも安心です。

オートロックとは集合住宅のエントランス扉を開ける為に鍵や暗証番号を用いたり、居住者などに内側(室内)から鍵を開錠してもらう必要があるもののこと

世帯数が少ないハイツやアパートなどではコストがかかる為、オートロックの導入が中々むずかしいと思いますが、TVモニターホンなら手軽に設置できておすすめです。

【第3位】宅配ボックス

第3位はまだまだ人気上昇中の「宅配ボックス」

通販をよく利用する方で、

「日中は仕事で荷物を受けとることができない。」という方は多いのではないでしょうか。

そんな方でも宅配ボックスがあれば、不在にしていても配達員が宅配ボックスに荷物を入れてくれるので、いつでも受けとることができて大変便利です。

【第4位】浴室乾燥機

こちらも結構前から人気ですね。

「浴室乾燥機」

洗濯物をベランダに干さずとも、浴室内に干して乾燥機能を使えば比較的すぐに乾くアイテムです。

後から導入するとなるとかなりコストがかかるので、

コストを抑えて導入するなら「室内物干しワイヤー」がオススメです。

【第5位】ホームセキュリティ

最近ますます防犯に対する意識が高まってきており、

それに比例して人気なのが「ホームセキュリティ」です。

大手のメーカーでは大和ハウスが積極的にホームセキュリティを導入しています。

ホームセキュリティの有名どころとしてセコムALSOKといえば聞いたことがある人の方が多いのではないでしょうか。

ホームセキュリティとは、住宅内に取り付けたセンサー器具などが、火災やガス漏れ、侵入などの異常を感知すると、警報を鳴らしたり、あらかじめ契約している警備会社などへ自動通報され、状況判断後に警備員が駆け付けるシステムのことです。ホームセキュリティの目的は「強盗や空き巣から財産を守る」「火災から住まいを守る」「住宅内での突発的な病気や怪我から身を守る」などが主となるため、警察のように侵入者を逮捕したり、消防のように消火活動を行うことはありません。

集合住宅に導入されている「マンションセキュリティ」の場合、集合玄関のオートロック、エレベーターなどの共用部での監視カメラ設置、各住戸のインターホンに警備会社につながる非常ボタンが設置されている等のため、火災や防犯対策が主となるホームセキュリティとは異なります。

引用: SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

【第6位】独立洗面化粧台

単身向けのワンルームマンションの場合、建てた年代によって間取りが異なります。

古いマンションの場合はユニットバス(3点ユニット)といって、「バス・トイレ・洗面台」が一緒になっているタイプが多いです。

↓こんな感じです。

平成に入り「バス」と「トイレ」がわかれている物件が普及し始めました。

↓この時点ではまだ「バス・洗面台」は一緒です。

そして2000年以降主流になったのが、

「バス」「トイレ」「洗面化粧台」が独立したタイプです。

業界用語でいうと「3点セパレート」タイプ。

朝にイチイチ風呂場に行かないでも顔を洗ったり歯磨きができるので、当然分かれていた方が便利です。

というわけで「独立洗面化粧台」がランクインしました!

【第7位】24時間利用可能ゴミ置き場

ゴミ出しって決まった曜日に出さないといけなかったりして、

とても面倒だなーと思っている方も多いのではないでしょうか。

民間のゴミ収集業者と契約して毎日収集を行っているアパートやマンションであれば、

24時間利用可能で好きな時間にゴミを出すことができる為大変便利です。

朝忙しいOLやサラリーマンには非常にありがたいですよね。

【第8位(同率)】ウォークインクローゼット

荷物が多い人にとっては、収納が多いのは非常にうれしいものです。

「ウォークインクローゼット」が前回とおなじ8位にランクインしました!

【第8位(同率) 】ガレージ

車離れが進んでいるのかと思っていましたが、「ガレージ」が人気のようです。

ガレージとは車が入る車庫・建物のことを指しますが、ガレージ付きの物件はかなり珍しいですね。

その分車好きの人からすれば、高いお金を支払ってでも借りたい人気の設備です。

【第10位】追い焚き機能

昨年はランク外でしたが、みごとランクインした「追い焚き機能」

ストレス社会の影響でしょうか。

皆さんお風呂にゆっくりつかりたいのですね。

毎日湯ぶねにつかりたい人からすれば水道代の節約になるので、追い焚きがついていればとてもありがたいです。

まとめ

今回は 「 この設備があれば周辺相場より家賃が高く決まる TOP10 (単身者向け)」 を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

ランキングをおさらいします。

ランキングおさらい
  1. インターネット無料
  2. エントランスのオートロック
  3. 宅配ボックス
  4. 浴室乾燥機
  5. ホームセキュリティ
  6. 独立洗面化粧台
  7. 24時間利用可能ゴミ置き場
  8. ウォークインクローゼット
  9. ガレージ(8位同率)
  10. 追い焚き機能

今回の1位はインターネット無料でしたが、インターネット無料に関しては新築時から導入している物件がかなり増えてきており、最近ではもはや当たり前になりつつあります。

2位のエントランスのオートロックや5位にホームセキュリティがランクインしていることなどを鑑みると、防犯に対する意識が高まってきているんだなと感じました。

この記事がオーナーさんの設備投資や、入居者さんのお部屋探しに役立てば幸いです。

それではまたお会いしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA