連帯保証人

民法改正

【民法改正】賃貸借の契約で連帯保証人への情報提供義務と極度額設定が義務化(465条の10、465条の2)

近はニュースなどでも何かと話題ですが、2020年4月から約120年ぶりに民法が改正されます。今回の改正では不動産賃貸においてもかなりの影響が出るといわれており、その改正される項目数はその数なんと200にも及ぶといわれております。その中で最も賃貸の実務に影響が出ると言われているのが連帯保証人に関する改正です。今回はその連帯保証人について、どのように規定されるのか、改正によってどう変わるのかなどについて書いていきたいと思います。